補助金ナビ:補助金情報なら補助金ナビ。小規模事業者持続化補助金申請書作成法セミナー、小規模持続化補助金/ものづくり補助金Web講座実施中! 認定支援機関オフィスマツナガ行政書士事務所(東京都港区)。

第3回 補助金はいつ払われるのか? 資金計画に注意!(補助金ナビ:ものづくり補助金申請WEB講座(平成25年度補正))

  • HOME »
  • 第3回 補助金はいつ払われるのか? 資金計画に注意!(補助金ナビ:ものづくり補助金申請WEB講座(平成25年度補正))

 平成29年度補正予算追加募集対応「ものづくり補助金他 採択率を高める事業計画作成法」セミナー

ものづくり補助金申請書WEB講座(平成27年申請対応版)はこちら

補助金ナビ:ものづくり補助金申請書WEB講座(平成25年度補正)  
第3回 補助金はいつ払われるのか? 資金計画に注意!

 
今回は「補助金はいつ払われるのか?」という点です。この点は、実は意外とご存知ない方もいらっしゃいます。補助金は後払いですので、補助事業期間中は事業者が補助金相当額も含め全額を立て替える必要があります。

ものづくり補助金の応募から補助金が支払われるまでの流れについては、ものづくり補助金募集要項P.6「5.事業のスキーム」に記載されていますが、大まかに書くと次のようになります。

①応募申請(事業者):申請書に記入し、認定支援機関の確認書とともに、都道府県別のものづくり補助金事務局へ提出

②審査・採択(事務局):都道府県別および全国レベルに審査が行われ、審査を通った事業計画が採択される。

③交付申請(事業者):採択された事業計画について、補助対象経費の予算を中心に精緻に見直し提出する。

④交付決定(事務局):補助対象経費予算および補助金額が決定される。この日から補助対象事業期間となり、補助対象経費を使用した場合に補助金の対象となる。

⑤事業実施(事業者):補助対象期間中、申請した事業計画に則り、事業を実施する。

⑥実績報告(事業者):補助事業終了後、実績報告を行う。補助対象経費については、指定された証拠書類等を提出する。

⑦確定検査(事務局):提出された報告書、証拠書類に基づき、補助事業が計画・予算通りに実施されたかを検査する。検査結果に基づき、補助金の支払額を決定し通知する。

⑧補助金の請求(事業者):事務局から通知された補助金額を請求する。

⑨補助金の支払(事務局):補助金額が支払われる。

ものづくり補助金の支払われるまでの流れは以上の通りとなりますので、補助金事業者に支払われるのは補助事業終了後、3~4ヵ月後となります。

平成25年補正ものづくり補助金第2次募集の場合で、平成27年9月末日までを補助事業期間とした場合は、平成27年12月~平成28年1月に支払われることになりますので、しっかりとした資金計画を立てて臨む必要があります。

以上です。

筆者:認定支援機関 オフィスマツナガ行政書士事務所 所長・行政書士 松永敏明

補助金ナビ:ものづくり補助金申請書WEB講座内容(平成25年度補正)
「第3回 補助金はいつ払われるのか? 資金計画に注意!」(平成25年度補正)  でした。

次回の補助金ナビ:ものづくり補助金申請書WEB講座(平成25年度補正)は、
「第4回 申請書の記述内容について」(平成25年度補正)がテーマです。

「ものづくり補助金申請書WEB講座 目次」(平成25年度補正)に戻る

ものづくり補助金の申請をお考えの事業者様は、こちらからご相談下さい。

  • facebook

創業に係わる補助金一覧表

ビジネスプランコンテスト

オフィスマツナガ行政書士事務所

オフィスマツナガ行政書士事務所

株式会社インフォネクスト

インフォネクスト
PAGETOP
Copyright © オフィスマツナガ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.