平成30年度補正予算「ものづくり補助金」(平成31年実施)の事務局募集および事前告知

 

平成30年12月28日に、「平成30年度補正予算「ものづくり補助金」(平成31年実施)の事務局募集および事前告知」がありました。

平成29年度補正予算(平成30年実施)のものづくり補助金では、事務局の募集および事前告知は平成30年1月に行われましたので、それに比べてやや早く実施されました。

この告知の文末に、公募時期と締め切りについてとても重要なことが、サラっと書かれています。

「平成30年度補正予算の成立後、速やかに実施する予定です。なお、事業者の事業実施期間を可能な限り長く確保する観点から、上記公募の際には、約2か月の公募期間を設けるほか、早期に公募を締め切って審査し、採択発表を速やかに(可能ならば年度内に)行うことを検討中です。また、夏以降に2次公募を行うことも予定しています。」

すなわち、
・補正予算成立後速やかに募集を実施する。
・公募期間は約2ヶ月とする。
・夏以降に2次公募を行うことも予定

この3点は、昨年と同様ですが、

・早期に公募を締め切って審査し、採択発表を速やかに(可能ならば年度内に)行うことを検討中

ということで、
・第1回募集では2ヶ月間の公募期間の間に1次締切を設けて審査を行うことを検討しているということです。

過去に実施された「ものづくり補助金」の、平成24年度補正と平成25年度補正の各2年の1次公募でこの方法が採られており、それぞれ公募開始から10日後と25日後に締め切られています。

年度内に採択となると、遅くとも2月末には締切る必要があります。

今年のものづくり補助金に応募を予定されている事業者様は、公募開始前の準備は必須です。

また、この事務局募集の公募要領では、平成30年補正予算ものづくり補助金について以下の点が明記されています。


・予算枠:800億円(事務局費用も含む)
・採択予定社数:1万社

その他の情報については、これまで公開されている情報と同じです。

事務局募集の公募要領および、ものづくり補助金の補助要件等については、以下をご確認ください。

「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」の補助要件等

平成30年度補正予算「ものづくり補助金」(平成31年実施)の事務局募集および事前告知

「ものづくり補助金」についてのニュースは、こちらでご紹介しています。

●中小企業・小規模事業者様向けセミナー:
「ものづくり補助金 採択率を高める事業計画作成法」セミナー 申込み受付中

当セミナーは、事業者様が支援者や申請代行業者等任せにせずに、ご自身でものづくり補助金の申請書を書く為のノウハウを身に付けていただく為のセミナーです。

当セミナーにご参加いただいた事業者様の中には、ご自身でものづくり補助金の申請書を書き上げ採択を受けた方が数多くいらっしゃいます。ぜひご参加ください。

その他の事業計画のご相談は、こちら