平成30年度補正(2019年実施)「IT導入補助金」二次公募(交付申請)開始

2019年7月17日、平成30年度補正(2019年実施)「IT導入補助金」一次公募(交付申請)が開始しました。

交付申請(応募申請)に関するスケジュールは以下の通りです。

交付申請期間 7月11日(水) 11:00~8月23日(金) 17:00
交付決定日2019年9月6日(金)<予定>
事業実施期間は、交付決定日から2020年1月31日までの予定です。

2019年実施「IT導入補助金」の概要は以下の通りです。

【補助対象となる事業者の要件】
●日本国内で事業を行う『中小企業・小規模事業者等(法人または個人)』であり、法人の場合『みなし大企業』でないこと。
●本事業実施により、3年後の生産性の伸び率が1%以上、4年後:1.5%以上、5年後:2%以上となる計画を立てられること。 等々

-- PR --

【2019年実施IT導入補助金の主なポイント】
●補助対象経費
 ソフトウェア費、導入関連費
●補助率
 1/2
●補助上限額、下限額
 A類型 補助上限金額:150万円未満 下限額:40万円
 B類型 補助上限金額:450万円以下 下限額:150万円
●補助対象となるITツール
 交付申請時までに、IT導入支援事業者によって予め登録されたITツール(ソフトウェアとそれに付随するサービスなど)
●手続き面の特徴
・応募から完了報告、後年次効果報告までの全ての手続きを専用WEBサイトからの電子申請で実施(申請書とIT導入支援者が連携して実施)
・経営診断ツールによる経営診断の実施
・交付申請時の記入項目が少ない
●昨年からの手続き面での主な変更点
・履歴事項全部証明書、法人税の納税証明書(その1あるいはその2)の準備
・SMSによる本人確認の実施(SMSが受信できる携帯電話を登録)
・交付申請の最終確認と実施は申請者から

類型や対象となるソフトウェア等についてはこちらの記事をご覧ください。

手続きの詳細は平成30年補正(2019年実施)「IT導入補助金」交付申請の手引きをご覧ください。

平成30年度補正IT導入補助金2019二次公募の期間は5週間と一次公募に比べて長期間となりました。また、今年最後の募集となりますので、ここは慌てずに、申請にじっくりと取組むことをお奨めします。今回は、A類型、B類型のどちらも、同じ期間の公募となります。

平成30年度補正IT導入補助金2019は、昨年に比べて補助上限額が大幅に拡大し、中小企業・小規模事業者の本格的なIT化を支援します。魅力もアップしましたが、その分、競争も厳しくなっています。

補助金ナビでは、IT導入補助金2019 二次公募に取組む事業者様を応援する為に、以下のコンテンツをご用意しております。ぜひご活用ください。一次公募で残念な結果に終わった事業者様も、ぜひご活用ください。

★YOUTUBE「IT導入補助金2019申請対策」動画セミナー
第1回 二次公募に向けた情報
第2回 申請方法&ミス撲滅
第3回 審査項目に適切に応える

YOUTUBE 補助金ナビチャンネルへ

今後、動画セミナーを拡大してまいります。「補助金ナビチャンネル登録」もよろしくお願いします。

平成30年度補正(2019年実施)IT導入補助金 減点を防ぎ採択確率を高める方法

IT導入補助金のニュースはこちらをご覧ください。

({});