2022年実施「小規模事業者持続化補助金」の概要

 

2022年実施「小規模事業者持続化補助金」の概要は以下の通りです。

「小規模事業者持続化補助金」は、小規模事業者等が経営計画を自ら策定し、商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組む販路開拓等の取組を支援するために実施されます。

2022年度実施 小規模事業者持続化補助金

○補助額:上限 50~200万円

○補助率:2/3(賃金引上げ枠で、赤字事業者は3/4)

○補助対象:チラシ作成、広告掲載、店舗改装など

2022年度実施 小規模事業者持続化補助金

令和3年度補正予算(2022年度実施)では、以下の特別枠が設定されます。

■賃金引上げ枠
事業場内最低賃金を地域別最低賃金より+30 円以上(*)とした事業者
また、本枠を申請する事業者のうち業績が赤字の事業者は、補助率を3/4へ引き上げると共に加点による優先採択を実施。
(*)既に達成している場合は、現在支給している、事業場内最低賃金より+ 30 円以上)

■卒業枠
常時使用する従業員を増やし、小規模事業者の従業員数を超えて規模を拡大する事業者

■後継者支援枠
将来的に事業承継を行う予定があり、新たな取組を行う後継者候補としてアトツギ甲子園のファイナリストになった事業者

■創業枠
産業競争力強化法に基づく認定市区町村や認定連携創業支援等事業者が実施した「特定創業支援等事業」による支援を過去3か年の間に受け、
かつ、過去3か年の間に開業した事業者

■インボイス枠
2021年9月30日から2023年9月30日の属する課税期間で一度でも免税事業者であった
又は免税事業者であることが見込まれる事業者のうち、インボイス発行事業者に登録した事業者

2022年度実施 小規模事業者持続化補助金

○今後のスケジュール
 応募開始:2022年3月下旬予定
 応募締切:2022年6月予定 (8次締切)
 応募方法:jGrants による電子申請/郵送による申請

補助金ナビでは、小規模事業者持続化補助金申請用事業計画書の作成方法の解説と、申請に便利な「申請書ひな型」ダウンロード等を含む、オンラインセミナーを提供しています。

現在ご購入いただい方は、2022年年度末(2023年3月31日締切分まで、バージョンアップ時に無償にて資料のダウンロードとセミナーの視聴ができます。

2022年度実施小規模事業者持続化補助金「申請書の書き方」オンラインセミナー(2023年3月末締切分までバージョンアップ無償対応付)

「小規模事業者持続化補助金」についてのニュースはこちら

掲載したニュース等の内容は正確を期すように努めておりますが、その内容について正確性を保証するものではありません。また、筆者の個人的な見解が多く含まれています。補助金の応募等に際しては、公募要領をご確認の上で、ご自身のご判断にてお願い致します。