「IT導入補助金」の事業実施効果報告について

 
2019年5月更新  IT導入補助金の最新ニュースはこちらをご覧ください。

「IT導入補助金」を活用された補助事業者様、また導入支援を行ったIT導入支援事業者様には、事務局から事業実施効果報告についての連絡メールが届いています。事業実施効果報告は、補助事業者様、IT導入支援事業者様の義務ですので、必ず実施してください。

平成28年度補正IT導入補助金の補助事業者は、補助事業終了後5年間の効果報告が必要です。

平成29年度補正IT導入補助金の補助事業者は、補助事業終了後1回の効果報告が必要です。

平成29年度補正IT導入補助金の補助事業者は、今回初めての効果報告となります。
IT導入補助金の効果報告は補助事業者が「申請マイページ」から必要な情報を入力し、IT導入支援事業者が「IT事業者ポータル」にて内容を確認したうえで、事務局へ提出を行います。平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業「事業実施効果報告の手引き」をよく確認いただき、IT導入支援者と連携しつつ期日までに報告をなさってください。

-- PR --

平成29年度補正IT導入補助金の効果報告は、募集回によって報告対象期間、報告期間が異なります。

募集回が、第一次(交付決定日:2018年6月14日)の方と第二次(交付決定日:2018年8月15日)の補助事業者は、2018年4月1日~2019年3月末日の実績を2019年4月1日~5月末日に報告する必要があります。

第三次募集(交付決定日:2018年10月5日~2018年12月28日)の補助事業者は、2019年4月1日~2020年3月末日の実績を2020年4月1日~5月末日に報告することになります。来年、事務局から連絡が入るものと思われます。

詳しくは、「事業実施効果報告の手引き」をご確認ください。

IT導入補助金のニュースはこちらをご覧ください。

({});