事業再構築補助金に事業規模に配慮した特別枠!

 

地域経済産業局が実施している「経済産業省関連予算等の概要」説明会資料が改訂され、

「緊急事態宣言の延長等を踏まえた経済支援策の全体像」(第54回新型コロナウィルス感染症対策本部資料)が追加されました。

この中に、

「緊急事態宣言の影響を受ける事業主への迅速かつ円滑が支援」という項目があり、

  ・感染防止対策を前提に事業再構築補助金や持続化補助金の優先採択等

-- PR --

   「事業再構築補助金の特別枠の創設(事業規模に配慮)」

とあります。

解説によれば、ここでいう「特別枠」は、

閣議決定時のPR資料に記載のある

 「中小企業(卒業枠:400社限定)」や

 「中堅企業(グローバルV字回復枠:100限定)」

の説明として記載されている「特別枠」ではなく、

「緊急事態宣言の影響を受ける事業者の為の特別枠」である、とのことです。

従って、「緊急事態宣言の影響を受ける事業者様(飲食店の時短営業等の影響により売上の減少した事業者や、不要不急の外出自粛により直接的な影響を受けた事業者)」は、

事業再構築補助金において、「特別枠」の申請が可能となることになりそうです。

現時点では、「特別枠」の具体的な内容については、「事業規模よりに配慮」がされるとの情報のみです。

尚、あくまでも「事業再構築補助金」の中での「特別枠」ですので、売上減少を補填する給付金ではないことにご注意ください。

緊急事態宣言の延長等を踏まえた経済支援策の全体像、事業再構築補助金

2021年実施ものづくり補助金オンラインセミナー

2021年実施小規模事業者持続化補助金「申請書の書き方」オンラインセミナー

「中小企業等事業再構築補助金」の最新のニュースはこちら

「ものづくり補助金」の最新のニュースはこちら

「小規模事業者持続化補助金」の最新のニュースはこちら

「IT導入補助金」の最新のニュースはこちら

本記事は、公開情報に基づき、筆者の個人的意見を交えて記述しています。筆者および運営会社は当記事内容の完全性を保証するものではありません。公募申請等に際しては、必ず事務局発表の最新情報をご確認くださいますようにお願いします。
オフィスマツナガ行政書士事務所(認定経営革新等支援機関)所長・行政書士 松永敏明