2019年度補正予算、中小企業のIT化、AI化による生産性向上を支援

産経新聞は、政府は令和元年(2019年度…2020年実施)補正予算にて、

 「人工知能(AI)や次世代通信規格「5G」の導入を進め、経済成長を目指す
『デジタル・ニューディール』の関連予算として9550億円超を計上する方針」

と伝えました。

この中で、

   中小企業のIT化支援などに3090億円を充てる

-- PR --

としています。

また、

 生産性向上に向けた中小・零細企業の長期的な取り組み支援のため、
約3600億円を3年間で支出し、そのうち3090億円を補正予算案に計上する

と、報道されています。

 これまでの単年度、短期間で実施するの補助金施策では実現が難しい中長期の事業を支援することが
目的と考えられます。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

補正1兆円計上へ「デジタル・ニューディール」でAI・5G促進(産経新聞 2019年12月9日)

({});