4.IT導入支援事業者(ITベンダー等)の注意事項(平成30年度補正(2019年実施)IT導入補助金WEB講座)

 

IT導入補助金は、申請者(中小規模事業者)の生産性向上を目的し、IT導入支援事業者が補助事業実施上の『パートナー』となり、申請者と共に取り組むものです。

1.IT導入支援事業者は早目の登録が必須
第1回目の補助金交付申請は、2019年5月27日開始です。従って、IT 導入支援事業者の登録を早めに実施した上でITツールも併せて登録し、早期に営業活動に活用できるように準備しましょう。

2.交付決定前に受注すると補助金対象外
IT導入補助金の交付申請をしたお客様は、交付決定通知を受け取るまで、事業(契約・発注等) を開始することはできません。2019年のIT導入補助金では、第1回の公募採択予定日は、A類型が6月下旬、B類型は7月中旬です。これ以前に、行った受発注は対象外となります。

3.登録されたITツール以外は補助金対象外
IT導入補助金の対象となるのは、補助金交付申請時点で登録されているITツールだけです。ITツールとは、補助事業者の生産性向上に寄与するソフトウェア製品・クラウドサービスと、それに付随するオプション・役務などを指します。ITツールは、IT導入支援事業者が申請し審査を受けた後に登録されます。ITツールの登録は2019年4月19日に開始予定ですので、IT 導入支援事業者の登録申請後、速やかに行いましょう。

4.審査結果によっては採択を受けられないことがあることを良く説明する
応募締め切り後、公募要領で公表されている審査項目・審査事項に従って審査が行われます。審査の結果、採択を受けられないこともあります。この点を十分お客様にご理解いただく必要があります。尚、IT導入補助金の審査では、申請者が経営診断ツールに入力した結果導かれた事業課題と、申請時に選定してITツールの適合性が問われます。IT導入支援事業者は申請時にこの点を良く確認、アドバイスをする必要があります

5.お客様の経営指標を開示していただく必要がある
IT導入補助金の交付申請内容に、損益計算書等の経営指標の実績および計画数値が含まれています。IT導入支援事業者はこれらをお客様から開示していただく必要がありますので、その点も予め十分にご説明の上、ご理解いただく必要があります。また、補助事業終了後の実績数値についても同様となります。

6.補助金の受取りは納品、支払後
IT導入補助金は後払いです。交付決定を受けたお客様が補助金を受け取る為には、交付決定日から事業期間の終了日迄の間に、発注、納品、検収、支払を行った上で、事業実施完了日の30日後又は所定に期日のいずれか早い日までに実績報告を行う必要があります。この実績報告も申請者とIT補助金導入支援者が連携して行います。期間内に実績報告を行いませんと補助金は支払われません。

7.補助事業期間終了後の実績報告
 2019年のIT導入補助金では、補助金の支払後、A類型では3年間、B類型では5年間、毎年後年報告を行う必要があります。報告内容は、交付申請時に提出した生産性向上の計画数値とそれに対する実績数値などです。実績値が計画値に満たない場合、その理由とその後の改善、対策方法等についても報告します。
この報告は、IT導入補助金を活用した全ての事業者が必須です。専用のWEBサイトを用いてIT導入支援事業者は事業者の入力内容を確認した上で、事務局に報告を行います。

8.申請者が行う手続をIT導入支援事業者が代行することは厳禁
IT導入補助金では、応募から完了報告、後年次効果報告までの全ての手続きを専用WEBサイト上で、それぞれの専用ページにログインして行います。申請者行うべき手続きをIT導入支援事業者が代行して行うことは厳しく禁止されています。これは不正行為ですので、発覚した場合は当該IT導入支援事業者が関わった全てのIT導入補助金の取消および、IT事業者登録の取り消しにもつながります。絶対に行わないでください。

 
以上、4.IT導入支援事業者(ITベンダー等)の注意事項でした。

次回は、5.補助対象となるITツールの要件です。
 平成30年度補正(2019年実施)IT導入補助金WEB講座 目次へ

本記事は、平成31年4月15日時点の公開情報に基づいて記述しています。今後、補助金交付申請に向けて公募要領が公開され、改訂される可能性もあります。また、著者は当記事内容の完全性を保証するものではありません。当記事内容が公募申請等に際しては、必ず事務局発表の最新情報をご確認くださいますようにお願いします。
オフィスマツナガ行政書士事務所(認定経営革新等支援機関)所長・行政書士 松永敏明

YOUTUBE 補助金ナビチャンネルにて、補助金ナビ IT導入補助金2019 申請対策講座 開催中!

第1回 二次公募に向けた情報
第2回 申請方法&ミス撲滅
第3回 審査項目に適切に応える

YOUTUBE 補助金ナビチャンネルへ

今後、動画セミナーを拡大してまいります。「補助金ナビチャンネル登録」もよろしくお願いします。