3.IT導入支援事業者(ITベンダー等)の役割(令和元年度補正(2020年実施)IT導入補助金2020WEB講座)

 IT補助金におけるIT導入支援者の役割は、申請書/補助事業者に対して、補助事業を通じた生産性の向上に資するITツールの提案を行い、さらには導入及び経営診断ツールを利用した事業計画の策定の支援をはじめとし、補助金交付に係る各種申請等の手続きサポート等を行います。具体的には以下の活動を行います。

・ITツールの登録

・申請者に対して適切なITツールの提案・導入アフターサービスの実施

・補助事業に関する申請者からの問い合わせ・質問等について、事務局に代わって対応し、円滑な事業推進のサポートを実施

・導入するITツールにより、申請者にとって生産性向上を最大限引き出すことを支援
また、IT導入支援者は補助事業終了後も、事業者に対してITツールによる生産性向上をフォローし、その効果について所定の期間、連携して事務局に報告を行います。

-- PR --

尚、複数のIT導入支援事業者が連携してコンソーシアムを組成し、登録した上で、IT導入支援事業者として活動することもできます。

以上、3.IT導入支援事業者(ITベンダー等)の役割 でした。
次回は、4.IT導入支援事業者(ITベンダー等)の注意事項です。

 令和元年度補正(2020~2022年実施)IT導入補助金2020 WEB講座 目次へ

本記事は、公開情報に基づいて記述しています。今後、改訂される可能性もあります。また、著者は当記事内容の完全性を保証するものではありません。当記事内容が公募申請等に際しては、必ず事務局発表の最新情報をご確認くださいますようにお願いします。
オフィスマツナガ行政書士事務所(認定経営革新等支援機関)所長・行政書士 松永敏明

IT導入補助金2020「こだわり交付申請法」オンラインセミナー