補助金ナビ:補助金情報なら補助金ナビ。小規模事業者持続化補助金申請書作成法セミナー、小規模持続化補助金/ものづくり補助金Web講座実施中! 認定支援機関オフィスマツナガ行政書士事務所(東京都港区)。

【第2回 IT導入補助金の業務の流れ】(補助金ナビ:IT導入補助金WEB講座(ITベンダー・サービス事業者様向け)

  • HOME »
  • 【第2回 IT導入補助金の業務の流れ】(補助金ナビ:IT導入補助金WEB講座(ITベンダー・サービス事業者様向け)

補助金ナビ:IT導入補助金WEB講座(ITベンダー・サービス事業者様向け)
         
2.業務の流れ

 2.業務の流れ(「図2.業務の流れ」参照)
 IT 導入補助金の実施は、大きくは以下の4つに分かれます。各ステップの概要と留意事項を以下に記載します。

1)販売事業者による事前準備
営業活動に先立ち、IT 導入補助金に関する導入支援者としての登録および、当補助金の対象とする製品(ソフトウェアおよびサービス単体)およびITツール(販売の単位)を登録します。製品やITツールの登録にも審査があります。また、これらの登録内容は、顧客となる事業者からのIT導入補助金申請時の審査において、対象のITツールを事業者が導入することによる生産性向上への貢献度も審査対象ですので、登録内容は十分に留意する必要があります。

2)営業活動および交付申請
ITツールの登録を終えましたら、顧客となる事業者に対して営業活動、ITツールの導入提案を行います。この際に、事業者との共同作業にて、事業者の強み・弱みを分析し、当該ITツールの導入が生産性向上に資することを確認し、これを申請内容として、定性的、定量的にまとめてゆきます。この際、必要に応じてIT補助金の導入支援を行う専門家の支援を受けます。販売事業者は、事業者からの依頼を受け、代理人として申請内容をIT導入補助金事務局が用意したWEB画面から登録します。

3)採択(交付決定)後
IT導入補助金では、採択と同時に交付決定となりますので、採択通知を受けたら速やかに申請したITツール導入に関する契約を締結します。契約の締結から、納品、検収、支払の全てを、定められた補助事業期間内に実施し、指定の期間内にWEBから完了報告を行います。完了報告も、販売事業者が代理で申請します。。/span>

4)年次報告
毎年3月末基準にて導入効果を販売事業者に報告し、販売事業者が事務局に提出します。

it_20180328_2_450

筆者:認定支援機関 オフィスマツナガ行政書士事務所 所長・行政書士 松永敏明

<本記事は、平成29年に実施された平成28年度補正予算IT導入補助金のスキーム、要件、審査項目等に基づき記述しています。平成30年に実施される平成29年度補正予算IT導入補助金では内容の見直しがなされる可能性もありますので、お仕事への活用に際しては、必ず公募要領等の最新情報を確認いただく様にお願いします。

補助金ナビ:IT導入補助金WEB講座(ITベンダー・サービス事業者様向け) 
【2.業務の流れ】でした。

次回の補助金ナビ:IT導入補助金WEB講座(ITベンダー・サービス事業者様向け) は、
【3.IT導入補助金の特徴】  がテーマです。

補助金ナビ:IT導入補助金WEB講座(ITベンダー・サービス事業者様向け) に戻る

  • facebook

創業に係わる補助金一覧表

ビジネスプランコンテスト

オフィスマツナガ行政書士事務所

オフィスマツナガ行政書士事務所

株式会社インフォネクスト

インフォネクスト
PAGETOP
Copyright © オフィスマツナガ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.