令和2年度第3次補正「事業承継・引継ぎ補助金」概要

 

2020年12月15日に閣議決定された、令和2年度第3次補正予算案に、事業承継・引継ぎ補助金が計上されました。

「事業承継・引継ぎ推進事業」令和2年度第3次補正予算案額 56.6億円

(予算額には、補助金以外の「承継トライアル実証事業」、「事業引継ぎ支援センター支援体制整備」も含みます。)

●事業目的・概要
■事業承継・引継ぎ補助金によって、事業承継・引継ぎを契機とする業態転換や多角化を含む新たな取組や廃業に係る費用、事業引継ぎ時の士業専門家の活用費用等を支援します

■後継者教育の型を提示するため、承継トライアル実証事業を行います。

-- PR --

●成果目標
■感染症の影響下においても、円滑な事業承継・引継ぎを実現し、対象企業の生産性向上や、地域の貴重な経営資源の維持を図ります

●事業イメージ
事業承継・引継ぎを契機とする新たな取組(設備投資、販路開拓等)や廃業に係る費用、事業引継ぎ時の士業専門家の活用費用(仲介手数料、デューデリジェンス費用、企業概要書作成費用等)の一部を補助

【支援類型別の補助率 補助上限額 廃業を伴う場合の上乗せ額】

①事業承継・引継ぎを契機とする新たな取組や廃業に係る費用の補助

●創業支援型
補助率:2/3、補助上限額:400万円、上乗せ額:200万円

●経営者交代型
補助率:2/3、補助上限額:400万円、上乗せ額:200万円

●M&A型
補助率:2/3、補助上限額:800万円、上乗せ額:200万円

②事業引継ぎ時の士業専門家の活用費用の補助

●専門家活用型
補助率:2/3、補助上限額:400万円、上乗せ額:(200万円売り手のみ)

令和2年度第3次補正「事業承継・引継ぎ補助金」