首相記者会見における補助金に関する情報について

 
2022年10月28日に閣議決定された総合経済対策は、一般会計歳出が29兆円、事業規模72兆円という、事前の予想を上回る大型の経済対策となりました。

近々に、令和4年度第2次補正予算案も閣議決定されるものと思われます。

10月28日に実施された岸田首相の経済対策に関する記者会見の中から、中小企業向け補助金に関わる部分を抜粋して紹介します。

【冒頭発言】から

 以上の物価高への総合的対応とともに、最優先すべきは、物価上昇に合わせた賃上げです。来年春闘が成長と分配の好循環に入れるかどうかの天王山です。構造的賃上げの実現に向けた第一歩として、物価上昇に負けない賃上げが行われるよう、経団連、連合を巻き込んだガイドラインづくりなど、労使の機運醸成に全力を挙げてまいります。
政府も賃上げ実施企業に対する補助金や、公共調達の優遇を行うとともに、物価上昇をしっかり組み込む形で最低賃金を引き上げてまいります。

→ 賃上げ対策の一環として説明されています。

 地域と経済を抜本的に強くするために、重点4分野、スタートアップ、イノベーション、デジタル・トランスフォーメーション(DX)、グリーン・トランスフォーメーション(GX)に総額6兆円と前例のない支援措置を講じます。
来年に向けて世界経済が大きく減速する中で、日本の金融環境、ドル建てコストの割安感を逆手にとって、成長のチャンスとしていきます。スタートアップ5か年計画をスタートし、1兆円を投入して、人材育成、資金供給の強化を行います。

 → スタートアップ、イノベーション、DX、GXに対する支援策として補助金活用が想定されます。

【質疑応答】から

インボイス制度の導入根拠についての質問に関して以下のように答えています。

これまでも様々な説明、あるいは支援を行ってきましたが、正に今日説明している総合経済対策の中においても、持続化補助金について、このインボイス発行事業者が転換した場合に、補助金上限額の一定引上げですとか、あるいはIT導入補助金について、インボイス対応のための会計ソフトを購入できるよう、補助対象の拡大など、様々な対策を用意したということであります。

→ インボイス制度導入対策として、持続化補助金、IT導入補助金が説明されています。
従って、令和4年度第2次補正予算でも、jこれらの補助金にてインボイス対応に関する優遇措置が実施されることが想定されます。

岸田首相記者会見の全文は、首相官邸ホームページに掲載されています。

岸田内閣総理大臣記者会見
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/statement/2022/1028kaiken.html

掲載したニュース等の内容は正確を期すように努めておりますが、その内容について正確性を保証するものではありません。補助金の応募等に際しては、公募要領をご確認の上で、ご自身のご判断にてお願い致します。

補助金ナビでは、主に中小企業様向けに経済産業省などの実施する補助金についてご案内しています。

2022年実施事業再構築補助金オンラインセミナー

2022年実施ものづくり補助金オンラインセミナー

2022年実施小規模事業者持続化補助金「申請書の書き方」オンラインセミナー

「中小企業等事業再構築補助金」の最新のニュースはこちら

「ものづくり補助金」の最新のニュースはこちら

「小規模事業者持続化補助金」の最新のニュースはこちら

1