平成30年度補正(平成31年/2019年実施)「IT導入補助金」、補助対象のITツールについて

 
★2019年5月更新★ IT導入補助金の最新ニュースはこちらをご覧ください。

平成31年3月7日午後、関東経済産業局にて、「平成31年度経済産業関係税制改正」等に関する説明会 が開催されました。

「中堅・中小企業向け支援施策等について」のテーマの中で、平成31年/2019年実施「IT導入補助金」についても説明が実施されました。

説明会で配布されたIT導入補助金についての資料には「補助対象のITツール」について、以下の記載があります。

補助対象のITツール:

-- PR --

「ホームページに登録、公開されているITツール(ソフトウェア、サービス等)が対象です。例えばパッケージソフトの本体費用(日々の経理を効率化する会計ソフト)やクラウドサービス(顧客情報を一元管理するクラウドシステム)の導入・設定費用等が含まれます。※ハードは対象外」

また口頭にて、平成31年/2019年実施の「IT導入補助金」については、「単独で行うホームページ制作は補助対象とはならない予定」との話があり、HP作成については小規模事業者持続化補助金を活用して欲しいとの考え方も示されました。

補助金ナビでは、「小規模事業者持続化補助金」の申請に必要となる「経営計画書」、「事業計画書」の作成方法を具体的に解説するセミナーを実施中です。ぜひご活用ください。

「小規模事業者持続化補助金 採択率を高める事業計画作成法」セミナー 申込み受付中

({});