◆平成30年度第2次補正ものづくり補助金の募集開始時期について

第198通常国会が平成31年1月28日に召集されました。この国会では、平成30年度第2次補正予算案が審議されます。

安倍総理大臣は「平成最後の国会で、新しい時代がスタートする国会だ。国民の安心・安全のために、今年度の第2次補正予算案と、新年度予算案の1日も早い成立を期していく。」と述べています。政府・与党は、通常国会で、今年度の第2次補正予算案の早期成立や、新年度予算案の年度内成立を目指し、着実に成果を積み上げたい考えと報道(平成31年1月28日NHKニュース)されています。

平成30年度第2次補正予算案には「ものづくり補助金」、「IT導入補助金」、「小規模事業者持続化補助金」を含む、中小企業生産性革命推進事業1,100億円を始めとした景気対策が盛り込まれています。

このうち「ものづくり補助金」について、中小企業庁は「補正予算成立後速やかに募集を実施する。」との告知を行っています。

平成29年補正予算のものづくり補助金の実施スケジュールは、以下に通りでした。
1 閣議決定 H29/12/22
2 国会召集 H30/ 1/22
3 予算成立 H30/ 2/ 1
4 募集開始 H30/ 2/28
5 募集締切 H30/ 4/27
6 採択 H30/6/29
7 交付決定 H30/7~8
8 補助事業終了H30/12末(小規模型は11/末)

-- PR -- 

 

今年は、1週間遅い国会召集となりましたが、事務局の募集は昨年より早く実施されていますので、募集開始は昨年より早まることが予想されます。

また「早期に公募を締め切って審査し、採択発表を速やかに(可能ならば年度内に)行うことを検討中です。」とのことですので、かなり早い段階での締切が予想されます。

ものづくり補助金の申請を予定されている事業者様は、今日からでも準備を開始されることをお奨めします。

「ものづくり補助金」についてのニュースは、こちらでご紹介しています。

●中小企業・小規模事業者様向けセミナー:
「ものづくり補助金 採択率を高める事業計画作成法」セミナー 申込み受付中

当セミナーは、事業者様が支援者や申請代行業者等任せにせずに、ご自身でものづくり補助金の申請書を書く為のノウハウを身に付けていただく為のセミナーです。

当セミナーにご参加いただいた事業者様の中には、ご自身でものづくり補助金の申請書を書き上げ採択を受けた方が数多くいらっしゃいます。ぜひご参加ください。

「小規模事業者持続化補助金 採択率を高める事業計画作成法」セミナー 申込み受付中
このセミナーでは、小規模事業者持続化補助金申請用の経営計画書、事業計画書作成方法を、採択事例をご覧いただきながら、わかりやすく解説いたします。

その他の事業計画のご相談は、こちら