補助金電子申請に必要な「GビズID」

 

補助金電子申請システム「jGrants」が運用を開始しています。補助金電子申請システム「jGrants」については、こちらへ

「小規模事業者持続化補助金」の最新ニュースはこちらをご覧ください。

「IT導入補助金」の最新ニュースはこちらをご覧ください。

「ものづくり補助金」の最新ニュースはこちらをご覧ください。

国が実施する補助金の申請(ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金など)は、原則として電子申請となります。また、今後、地方自治体の補助金についても、補助金電子申請システム「jGrants」の活用が促進されます。

-- PR --

GビズIDとは、 1つのアカウントにより複数の行政サービスにアクセスできる認証システムです。この行政サービスの一つが補助金電子申請システム「jGrants」です。

従って、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金などの申請には、予めこのGビズIDの取得が必要です。

GビズIDには3種類のアカウントがありますが、補助金電子申請システム「jGrants」を利用するためには、それらの内「gBizIDプライム」の取得が必要です。「gBizIDプライム」の審査には、約2週間が必要ですので、早めに申請しましょう。

○gBizIDプライム
法人代表者あるいは個人事業主本人であることを審査確認の上で、発行されるアカウントです。

「gBizIDプライム」アカウントを取得するためには以下の手続きが必要です。

1) GビズIDのサイトから、アカウント申請を申込

2) 作成された申込書をダウンロード、プリントしする。

3) 印鑑証明書(個人事業主は印鑑登録証明書)と登録印鑑で押印した申請書を運用センターに郵送する。

4) 審査(原則2週間以内)ののち、法人代表者もしくは個人事業主のアカウントが作成される。

5) その際に、WEBから登録した番号に、SMSでワンタイムパスワードが送信される。
これを使ってアカウントにアクセスすることで、アカウントの登録が完了する。

○gBizIDプライム アカウント作成に必要なもの

法人の場合:
印鑑証明書(*)、代表者印、SMSが受信できるスマートフォンもしくは携帯電話

個人事業主:
印鑑登録証明書(*) 個人の実印、SMSが受信できるスマートフォンもしくは携帯電話

(*)発行日より3ヶ月以内の原本

詳しい内容は、以下のサイトをご確認ください。

GビズIDで、行政サービスへのログインをラクにする

GビズID クイックマニュアル gBizIDプライム編(PDF)

GビズID紹介動画(メリット編)

GビズID紹介動画(アカウント作成編)

筆者:認定支援機関 オフィスマツナガ行政書士事務所 所長・行政書士 松永敏明
記事の内容は正確を期すように努めておりますが、内容について正確性を保証するものではありません。
補助金の応募検討、準備等に際しては、それぞれの公式サイトから最新の情報をご確認の上で、ご自身のご判断にてお願い致します。

●中小企業・小規模事業者様向けセミナー:
令和2年(2020年)実施「ものづくり補助金」対策セミナー 申込み受付中

ものづくり補助金の採択の可能性を高める為には、申請書に記載する事業計画の内容が非常に大切です。

「経営革新等支援機関連合会」では、事業支援活動の1つとしてものづくり補助金支援センターを設置し、申請から事業化まで支援を行っています。

多様な分野での経営支援経験を有する経済産業省認定支援機関の講師陣が講義、ご相談に対応いたします。

当セミナーにご参加いただいた事業者様の中には、ご自身でものづくり補助金の申請書を書き上げ採択を受けた方が数多くいらっしゃいます。ぜひご参加ください。