2020年1月28日、令和元年度補正予算が衆議院を通過しました。

 

補正予算の審議は参議院に移り、2020年1月30日に成立の見通しです。

2019年は、平成31年度第2次補正予算の成立は2月7日でしたので、昨年に比べて約1週間前倒しでの成立となります。

令和元年度補正予算が成立しますと、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金を含む、中小企業生産性革命推進事業(予算3000億円・・・3年分)の2020年からの実施および、事業承認補助金(事業承継・世代交代集中事業全体として予算枠64億円)の2020年の実施などが確定します。

ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金は、2020年1月20日に中小企業基盤整備機構が公表した事務局募集の告知にて、各補助金の概要が公表されています。

各補助金とも、今後3年程度の間、常時募集が行われ、定期的に採択が行われる予定です。

ものづくり補助金は、3月公募開始予定とのスケジュールが公表されています。

ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金については、以下の各ニュースをご覧ください。

「ものづくり補助金」についてのニュース

「小規模事業者持続化補助金」のニュース

「IT導入補助金」のニュース