軽減税率 中小小売店の準備に遅れ

 
2019年2月16日発行のGooニュースは、
「軽減税率「不測の混乱」は避けられるか?中小小売店、準備に遅れ」と題して、
中小小売店において軽減税率制度への対応が遅れていることを伝えています。

軽減税率対策補助金(軽減税率補助金)については、平成30年度補正予算で追加された基金も含めて総額1094億円に基金を積み増したが、2019年1月末現在、軽減税率対策補助金(軽減税率補助金)の利用は約260億円に留まっています。

軽減税率対策補助金(軽減税率補助金)は十分に用意されているものの、認知度は依然として低いのが実情のようです。

経済産業省は今月8日、軽減税率導入に向けて、レジメーカーやシステムベンダー各社と特別会合を開催。「中小企業団体や業界団体などと連携し、制度の普及広報を徹底する」(中小企業庁財務課)とのことです。

詳しくは、以下のニュースをご覧ください。

-- PR --

軽減税率「不測の混乱」は避けられるか?中小小売店、準備に遅れ(2019年2月16日発行Gooニュース)

「軽減税率制度」への対応が必要な事業者は、中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金(軽減税率補助金)」が利用できます。

軽減税率対策補助金(軽減税率補助金)には、
・複数税率対応レジの導入等支援を行うA型
・受発注システムの改修等支援を行うB型
・請求書管理システムの改修・導入支援を行うC型
の3つの申請類型
があります。

軽減税率対策補助金(軽減税率補助金)の概要はこちら(軽減税率対策補助金WEB講座)をご覧ください。

軽減税率対策補助金(軽減税率補助金)については、WEB講座をご覧ください。

軽減税率対策補助金のニュースはこちらをご覧ください。