平成30年度補正(令和元年・2019年実施 )ものづくり補助金(2次公募)想定されるスケジュール

 

平成30年度補正(令和元年・2019年実施)「ものづくり補助金」は2次公募が予定されています。

(2019/8/7追記 平成30年度補正(令和元年・2019年実施)「ものづくり補助金」2次公募の公募期間は、8月中旬~9月中旬と告知がありました。)

当記事は数回に分けて掲載しています。

今回は、第2回として、平成30年度補正(令和元年・2019年実施 )「ものづくり補助金」2次公募で想定される公募から事業終了までのスケジュールについて記載いたします。

公募開始時期、公募期間については、以下の記事をご覧ください。

-- PR --

【第1回】平成30年度補正(令和元年・2019年実施)ものづくり補助金(2次公募)の公募開始時期について

尚、当記事の内容は正確を期すように努めておりますが、筆者の予測も多く含まれており、内容の正確性を保証するものではありません。補助金の応募等の判断に際しては、公募要領や公的機関からの正式発表等をご確認の上で、ご自身のご判断にてお願い致します。

【第2回】:平成30年度補正(令和元年・2019年実施 )ものづくり補助金(2次公募)想定されるスケジュール

〇平成30年度補正(令和元年・2019年実施 )ものづくり補助金(2次公募)想定されるスケジュール

過去に実施されたものづくり補助金について、2次公募期間、採択日、事業終了期限をまとめると以下の通りです。

予算年度 2次公募期間 同採択日 事業終了期限
H25年度補正 7/1~8/11 9/29 翌年9/30
H26年度補正 6/25~8/5 9/30 翌年9/15
H27年度補正 7/8~8/24 10/20 12/31
H28年度補正 2次公募なし
H29年度補正 8/3~9/18 10/29 翌年1/31

2次公募の採択日はいずれの年度も公募締切日から1ヵ月半~2ヵ月程度でした。今年度も同様と考えて良いのではないでしょうか。

また、事業実施期間については以下の通りです。

平成26年補正以前は、ものづくり補助金の事業実施期間は、約1年程度確保されていました。しかしながら3年前からは「年度内に支払を完了する」ことが原則とされたことから、2次公募分でも、12/31あるいは翌年1/31と、事業終了期限が以前よりも大幅に前倒しとなっています。今年も、2次公募分の事業終了期限は、12/31あるいは翌年1/31と考えるのが妥当ではないでしょうか。

第1回に記載した2次公募の期間も併せて大胆に予測すると、平成30年度補正(令和元年・2019年実施 )ものづくり補助金(2次公募)のスケジュールは以下のように日程が想定されます。但し、あくまでも筆者の予測です。また、大きな災害の発生時にはその対策についての考慮の為、時期が大きく変動する可能性があります。

・公募開始:7月初旬(8月中旬)
・公募期間:1ヵ月~1ヵ月半(但し、短期間の可能性もあり)
・採択:9月(10月)
・事業終了期限:12/31あるいは2020/1/31
・補助金支払: 2020年2月~3月

尚、当記事の内容は正確を期すように努めておりますが、筆者の予測も多く含まれており、内容の正確性を保証するものではありません。補助金の応募等の判断に際しては、公募要領や公的機関からの正式発表等をご確認の上で、ご自身のご判断にてお願い致します。

【第3回】平成30年度補正(令和元年・2019年実施 )ものづくり補助金(2次公募)の事業類型、対象経費について

経営革新等支援機関連合会では、ものづくり補助金二次公募 再チャレンジキャンペーンを実施しています。詳しくは、経営革新等支援機関連合会 ものづくり補助金二次公募 再チャレンジキャンペーンの記事をご覧ください。

ものづくり補助金についての詳しい情報は、以下のページをご覧ください。

YOUTUBE 補助金ナビチャンネル ものづくり補助金 申請書作成講座
第1回 補助事業の要件
第2回 事業計画に必要な「革新性」とは
第3回 審査項目に応えて採択確率アップ

ものづくり補助金について

ものづくり補助金ニュース

「ものづくり補助金」申請WEB講座(平成31年実施)

ものづくり補助金 よくある質問&ご相談

ものづくり補助金関連のニュースはこちらから